元気な食生活を応援するために必要なこと

 子供さんがいらっしゃるご家庭はありますか。けっこうたくさんあるのでは
ないでしょうか。小さなお子様、小学校、中学校に行かれているお子様が
いるご家庭も少なくはないと思います。
 では食事の教育ってどうしてますか。教育?食事って教育が
必要なのかなって思った方いますか。または共働きのために
適当にやっているというところはありますか。

 毎日朝早くから遅くまで仕事して、子供は学校から帰宅して、
自分で鍵をあけて、かってに遊んでいるし、食事も適当に済ませて
もらっているというご家庭はありますか。
 そのような食生活を長く続けていると子供さんにとっても、
さまざまな障害をもたらす危険性がおこりかねないですね。
さまざまな障害ってどのようなものかなって思われる方いませんか。

 それはたとえば味覚障害とかですよ。
ファーストフードやコンビニエンスストアができてきて、いまでは自宅で
作らなくても簡単に調理したものを手に入れることができる現代ですね。
 そのような便利になった背景にはいろいろなことがあるようですね。
ひとつは夫婦共働きの家庭が増えたということもそうですね。
そして、そのために主婦のみなさんが料理に手間をかける時間も
なくなってきたということですね。
 
 その結果、子供たちは自分の好きなものを買ってきて、
食べるという食事の背景もできあがってきたというわけですね。
ところがこの生活を続けていると、味覚のわからない子供になったり、
ということもありえるみたいですね。
 買ってきたお弁当やおにぎりやパンばかりを食べていると味のわからない
子供になってしまうという危険性が垣間見えるのではないでしょうか。
 ここで、このような食事内容を是正するためにはどうしたらよいのか
ということですね。どうしても時間がないですし、その中でやりくりを
上手にしないといけないときに手間をかけずにきちんとした料理を
食べさせるにはどうするのが一番よいのか悩むところですね。
 朝も早くから出かけるので、作っておくという時間もないし、
帰りも帰宅が遅くて、子供たちを待たせるのはかわいそうだって思う方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
 このようなことを解決する糸口は、やはり栄養士という専門家に
相談するのが一番ですよ。今では自宅に専門のスタッフが来てくれて、
そしてアドバイスをしてくれるサービスもあるようですね。
 これはとっても便利ですよね。手間をかけずに、きちんとした料理を
作る方法をてほどき丁寧に教えてもらえるというのですからうれしい話ですよ。

 自分の子供のためにもきちんとしたお料理を食べさせてあげたいって
思いませんか。そのためにはこうした専門家にきくというのが一番ですね。
 電話して申し込みするだけで、いろいろサポートしてくれるし、
それに日にちなども都合に合わせてもらえるというのは
とってもうれしいことですね。
 これだけで、きちんとした栄養が得られるし、何より手間も省けちゃうし、
それに子供たちにもおいしいものを毎日食べさせてあげれるように
なるというのは本当によいことづくめですね。

Comments are closed.

Blog Home